ギフトリーの概要案内
機能と特徴
摘要範囲
用語について
受け取る方登録
お申し込みの方
新機能のご案内
ギフトリー(Giftory)は
・特許番号第3390397号
・登録商標第4499991号
を取得しています。
詳細はこちら


会社案内
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
お問い合わせ

株式会社 瓶屋(かめや)
ギフトリー事業部

TEL 052-806-6100
FAX 052-806-5611

〒468-0051
名古屋市天白区植田3-506



































機能と特長

インターネットを利用したギフト(贈答、贈与)のシステムは急速に広がりつつある。
しかし従来のギフトは送り主が一方的に送るだけであり受取る人の希望を反映することは出来なかった。贈られる側が希望の品物を指定するなど、社会的慣習に反した行為ではあると思われていた (少なくとも従来の日本的文化では)

 
ギフトリーの独創性
 
仮に贈り物を受取る側が送り手に対して「ほしい品物」を指定できれば...
従来でも「婚礼のお祝い」などでは親しい友人に予め「希望の品物」を伝える行為は行われていた。
「ギフトリー」はその予め伝える手段をインターネットを利用することにより、スマートにかつ確実に行う事が出来る。

 
ギフトリーの必要性
 
婚礼など一度に多くの贈り物を受取る場合、同じ品物が重複したり、趣味、嗜好に合わないものを贈られる....という事もなくなる。
昨今、婚礼の形態が「披露宴パーティを会費制で行う」というように変化し、従来の「ご祝儀」を現金で渡す機会が無くなりつつある。
お祝いを贈る人は受取る人が本当に喜んでもらえるものを選ぶために悩まなくてよい

 
ギフトリーの機密性
 
婚礼、出産など個人のプライバシーに関わる事象をインターネット上に公開する行為 は、知人、友人にだけではなく、他人にも周知することになる。
そのためセキュリティーの機密性の高さが重要であるが、ギフトリーでは、プレゼントを受ける一組毎に独自のユーザー名とパスワードを設ける二重ロックで高い安全水準を保っている


 
ギフトリーの利便性
 
受取る側はインターネット上での「ショッピングモール」と同様に画面で確認しながら、品物を選ぶ事が出来るため、インターネットの環境さえあれば何時でも、何処でも入会登録と希望商品の選択と登録が行える。又、希望商品の選択は当サイト内に留まらず、他のサイトからもOK。加えてギフトリー専用カタログからも、更に加盟店の店頭からもと、多様な手段=豊富な商品群から本当に欲しいモノがお選びいただける。
贈る側も画面上で相手の希望する品物の一覧から、予算に合ったものを自宅で居ながらにして、又先方からのメッセージを楽しく見ながら気軽にプレゼントができる。
又、旅行や家具・家電商品のような高額商品の場合、複数の送り手から金額の一部ずつを負担する形で、複数の名義で高額なプレゼントを贈ることが出来る(*)のも、インターネットを介した当システムならではの画期的な利便性と言える。
(*)次期バージョンにて対応可能

トップページへ

Copyright(C) 2000-2006 Kameya Co.,Ltd. Giftory Division. All Right Reserved.